情熱のシンガーソングライター「加藤直樹」

熱い情熱がほとばしる、大型シンガーソングライター。圧倒的な迫力で迫るぞ。

久しぶりのビブレ

110328_1838~01.jpg

ビブレの楽屋なぅ

短い時間だが燃えてきます!

今夜

本日、福岡天神ビブレホールにて行われるチャリティーライブに出演します。
ささやかながらも復興の一助となるべく、出演者一同、精一杯歌わせていただきます。

ちなみに入場料は募金制となっています。
お時間ございます方、まごころを携えて是非会場まで足をお運びくださいませ。

◎28日(月) ビブレホール(福岡天神)
「東日本大震災チャリティーアコースティックライブ」
OP1700 ST1710 入場募金制+1drink\500  ※俺は18:55あたりから出ます! 
一発屋 /宙(hiro) /for you /Peg /GANJAY /たばちゃん /翔 /Gami  /RENGA /Magic Hour /フジモトジ

地震とプレアデス。

地震が起きた。

自然の力に相対すれば人間の力は本当に儚い。
テレビで見る津波の映像はあまりにも現実感がなかった。
自分がもしあの場に居合わせても果たして逃げられたかどうか。
ニュースを見ていたら、身体が震え、涙が出た。

地震が起こった翌々日はプレアデスでのライブだった。
こんな時期に呑気に歌うべきがどうかいささか悩んだが、現実に何もすることが出来ない自分がやるべきことを放り出すことに意味はない。
やりたいことを存分にやれている喜びをかみしめながら歌った。

あの日歌った「SKYSCAPE」は震災にあわれた方々に捧げたつもりだ。

多くの死傷者。続く余震。原発のトラブル。数え切れない行方不明の方々。
まだまだ事態は進行形だ。

今はとにかく「あきらめず、頑張ってください。」としか言えない。

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2011年4月の情熱注意報!!

◎12日(火) 「石川よしひろツアー ~たいせつ~」
場所: 中州 Gate’s7
福岡市博多区中洲3-7-24 gate’s 7F  TEL.092-283-0577
OPEN18:30 START19:30 オープニングアクトとして30分少々歌います! 
前売¥4,200 / 当日¥4,700【別途要1ドリンク代¥500・整理番号順入場】

    ※加藤直樹を応援に来て下さる方にはスペシャルチケットあり!!!
    live@katonaoki.comまでメールをください

※アリナミンⅤのCMソングも歌ってらっしゃった、石川よしひろさんの福岡でのレコ発ツアーにo.a.として参加させてもらいます。
熱い歌声、オールナイトニッポンで一世を風靡したMC、一見の価値ありです!



☆4月22日(金) 韓国ソウルツアー!! @ FREE BIRD 
 3月の道場破りツアーで歌わせてもらった FREE BIRD さんで正式にライブをしてきます!!
 初の海外ライブですーーー!!
 夜の10時ごろから出演です。対バンの方々の演奏も楽しみなのだ。
 来られるものなら是非お越しください(笑)

とりあえず・・・
start:20:30 Charge10,000won

2011年3月の情熱注意報!!

◎13日(日) 天神プレアデス
場所:天神プレアデス
OPEN18:00 START18:30、出演時間 21時ごろ
TICKET ¥1500(要1オーダー)

◎28日(月) ビブレホール
「東日本大震災チャリティーアコースティックライブ」
OP1700 ST1710 入場募金制+1drink\500
 ※俺は18:55あたりから出ます! 是非皆様、お越しください。
一発屋 /宙(hiro) /for you /Peg /GANJAY /たばちゃん /翔 /Gami  /RENGA /Magic Hour /フジモトジン

アンニョン イ ケセヨ ソウル。

午前10時。
近くのゴーーーージャスなホテル(俺が泊ったのとは大違い)から出るリムジンバスにのる。
爆睡。
気づいたら仁川国際空港。

もう12時前だ。
やっべーギリギリだ。

大韓航空のカウンターには長蛇の列。

ちょっと免税店見たいのに間に合うんか!?

そんな不安を抱えながら待つ。
待つ。
マツ。
まつ。
Ma-Tsu。

おーいつまで待たせんだ!コノヤロー!!

俺は免税店行かんとアカンのじゃー!



まーそんなこんなでバタバタと飛行機に乗り込み、福岡へ。

CAのおねーさんが終始無言なのが気にはなりましたが、楽しいフライトでした。
つーか、ほぼ寝てたけどね。


<<<<当初の目標。>>>>

「韓国の空気と文化の違いを感じて刺激をもらう」
むちゃくちゃもらった! なんか脱皮したみたいな気分だ! 自分の足で歩くっていいな。
トラブルも多かったけど、望むところだ!

「焼き肉を食べる」
毎日食べた! これ以上いたら調子が悪くなってしまいそーだ!

「キムチを食べる」
毎日、毎食食べた!! これ以上食べたら、韓国の人にも嫌われそーだ!

「マッコリを飲む」
飲んだ! 焼酎も飲んだ! ビールも大量に飲んだミダ!

「韓国の音楽事情を知る」
凄く良い歌い手が多いことを肌で感じた! お客さんの熱さもビンビンきた!!

そして
「ライブハウスで”なんとかして歌わせてもらう」

歌ったー!!!
三回、計7曲も歌ったー!!!
しかも、予想以上にちゃんとしたところで(爆)

目標、すべてコンプリート!!!

ホンマ、すべてソウルで出会えた、皆さまのお陰です。
俺は本当に運が良いと思う。

出会えた人、出会いのタイミング、出会えた場所。
そのすべて、怖くなるほど良かった。



俺、神さまをもう一度だけ信じてみようかと思う

・・・とか言ってみる(笑)

ソウル。
ハマりそうだ。

あっ、ハングル もーちと勉強しまスミダ・・・

―終わり―

ミッドナイト東大門。

午前3時。
一度ホテルに戻って、ギターをおいてから東大門(トンデモン)に向かう。
東大門は眠らない街なのだ。

日本でゆーたら、三越、そごう、大丸、岩田屋。
そのすべてが午前4時を超えても営業中!
ありえへん。

すごいね、コリア。

そもそも今回の旅の目的は「地元の空気に馴染む」ことがメイン。
ゆえに、なーんも買い物してない。
もちろん土産も買ってない。

イカン、これは何かと不都合が起きる(笑)

というわけで、ライブ2本して、しこたま飲んで、その後ショッピングに出たわけだ。



これ午前4時前です。
明る過ぎ。



無事買い物を終え、ホテルに着いたの6時あたり。
飛行機は13時すぎ発。
仁川国際空港まではリムジンバスで2時間弱。
9時過ぎにはホテルを出ねば。
寝過ごすわけにはいかない。

・・・徹夜。

8時半ごろ、ホテルから一枚だけもらっていた朝食券があったので使ってみる。

・・・まずい。
・・・まず過ぎる。
・・・なんだこのニオイは!?

昔から、韓国旅行帰りの人から、「ご飯がまずかった」とか「腹を壊した」とかいろいろヤな事をきいていたがこのことか。

地元の人はこんなの絶対食べてないはず。
旅の最後のご飯がコレか!!!!

なんか大切なラストシーンにケチがついた感じだ。
うぅぅぅ~

おそらく、今回俺は運よく地元に住む人達に、地元で評判のお店に連れて行ってもらえたから美味しいものを食べられたし、腹も壊さなかったのだね。

つくづく俺はラッキーだ。
そして、ナオキはっぴーだ。

今までの幸運を思い出し、とりあえずこの残念な食事をなかったことにしてみた。
プラス思考全開だ。

しかし、なかなかパーフェクトにはいかないもんだ。
だから、旅は面白い。

つづく

弘大のストリートみる。

ライブ後、飯を喰らおうと田中くんと弘大の町をうろついていると、公園に人だかりが。

ストリートライブだ。



なんかテレビ局がきてる。

ちょうどMCの途中だったのだが、その盛り上がりが凄い!
ノリが違うのだ!
ギャラリーの一体感っつーか、積極性っつーか。

日本だったらちょっとした恥じらいとかがあって、笑うにしても

「うふふ」
だったり
「にやり」
だったりするやんか。

それがココでは

「あっひゃっひゃっひゃ!!!」
とか
「どわっはっははっは!!」

なイメージなのだ!

分っかるかな~このイメージ。

とにかく壁がないというか、枠がないというか、変に大人じゃないというか、ラテン系というか。
陸続きの国の強さというか。

うーん、好きだ。

ライブ自体のクオリティーもめちゃくちゃ高い。
ギターボーカルにベース、そしてパーカッション軍団(笑)←やたら多かったん、という編成だったのだが、とにかくスバラシイ。

ボーカルの人は見た目は「おにぎりが好きそうな、秋田出身のイガグリくん(!?)」という感じのルックスだったのだが、歌声は秦基弘!
ハングル分からない俺の心にもビンビン響く。

良いもん見せてもらいました。
いつか俺はここできっと歌います。
良い目標が出来ました!

その後、興奮冷めやらぬまま飯屋を探して田中君と移動。
田中君に後光がさしてます。



あ、ちなみにこのお店で食べたんじゃないけどね。てへ。



いっこ前のブログのような肉が出てきます。
たぶん地元の方しかこない。

深夜工事の現場に白いシートがかけられ照明に照らされていた。
あたかも写真スタジオのようだったのでポーズをとって遊んでいたところ(←なにしとんねん)、酔っ払いのおっちゃんがわらわらやってきて、「今から演奏するのか!?」と話しかけてきた。

いやいや。
どんだけ人懐こいねん(笑)



ばいばーい。




つづく。


Top