情熱のシンガーソングライター「加藤直樹」

熱い情熱がほとばしる、大型シンガーソングライター。圧倒的な迫力で迫るぞ。

(6月ソウル)ツアー4日目。ヨロカジロ(いろいろと)。<その参>

今夜のライブは某ライブカフェ。
非常に批判的なレポートになりますんで、一応名前は伏せときます。

土砂降りの中、会場到着。

「ちょっとリラックスしてから始めよう。」
とDuck。

店内は大賑わい。
ってか本当に大賑わい。
15人ほど座れる大きなテーブルでは完全に宴会ムードなのだ。

店自体の雰囲気はとってもオシャレでいい。
しかしながら、完全に居酒屋の様相。

その中ひとしきり経って、ギターの準備をしていざサウンドチェックかな?

・・・と思いきや・・・・

店のオーナーのおばちゃんがステージに立っていきなり俺の紹介を始めた。

「はるばる日本からやってきた歌手の加藤直樹さんです。今夜はホニャララホニャララ・・・・」

と言っていたのだと思われる。

そしていきなり

「張り切ってどーぞぉ~!!」

って。

え!?
え!?

まだギターの音も何もチェックしてない。
機材もセッティングしてないし、
ヴォーカルのバランスもみてないし、

・・・何が「どーぞー!」やねん!!!

コラ、ばばぁ・・・

とまどいながらもとりあえずステージへ。

※こっからは専門用語がチラホラ出てきますが、なんとなく読んでください。
 音楽関係者の方々は様子を想像しながら是非ニヤニヤして下さい。


どうやらオーナーのおばちゃんがPAも兼ねているらしい。
とりあえず、このD.I.にシールド(ケーブルのことね)をつないで頂戴ってアピール。
すると、なんとミキサーにつながってる方を引っこ抜いてこっちにつなごうとする。

とりあえずつないで弾いてみる。
当たり前のことだが音は出ない。

だって俺の方につないだシールドのもう一方の端はその辺に落ちてるし(笑)

あーあ

こっちに端があるよー
だらーんって落ちとるとよ~

とアピールすると、「ああ」という感じてまたつなぎなおす。

そしてついにギターの音がなんとか出た。
ちょっとドヤ顔。なんでやねん。

するとまた、

「どーぞー!!」

待て、まて、マテ!!!!! 待てぇい~ぃぃ!!!

ボーカルのチェックは、ボーカルの。

ココは一応ライブハウスだよね!?
確認したくなる。

そして、ついにボーカルが出た!
やったー!!

「どーぞー!!」

もーえーわ。

しゃぁない。
現時点で、すでに間の悪いことこの上なし。

結局リバーブも、バランスも、全くチェック出来ぬままライブ開始。

オーナーのおばちゃんは既にはるか遠くへ。
早っ!  マッハ。
まじかよ。

とりあえず曲をやりながら様子を見るしかない。
Duckが ”ギターもっと上げた方がいい。” などと、ちょこちょこアドバイスしてくれたので非常に助かった。

一曲目の「手錠」をやり終えたあたりでDuckがステージへ駆け寄ってきた。

「あの集団はカメラを習っている集団で、良かったら写真を撮らせてほしいって言ってるが撮ってもいいか?」

「もちろん!」と答える。

・・・それが未体験ゾーンへの入口とも知らず。

Duckから許可を得たカメラマンの卵!?どもは関を切ったようにわらわらと詰めかける。

ステージ正面約1メートルあたりに4.5人。
そして左右に3・4人。

入れ替わり立ち替わり。

「近っ、近っ、ちっか~!!!!」

やりにくき事この上なし。

奴等はそれにも飽き足らず、今度は横からステージにまで上がってきた。
ありえへんやろ・・・

怒りを通り越して、笑えてくる。
いや、笑うしかない。



こーゆー状態だ。
わかりやすかろ!?










ひとしきり撮影して満足されたのか、また宴会大騒ぎが始まる。
ありがたいことにアンコールをいただいたものの、コイツ等いっこも聴いとらん。
やりっぱなしかい~
アタイのこと愛してなかったのねぇ~



ライブ後、控室にまで押しかけて来て、このポーズをしてくれ、あのポーズをしてくれ、いやそうじゃない・・・といろいろと好き勝手おっしゃって下さったお客様。
サインをくれ、握手をしてくれ、いえCDは結構です・・・なんやそれ。

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

誤解のないように言っておきたいのだが、韓国のライブハウスが皆こんな感じというわけではない。
ここは特別ひどかった。

ここも以前はこんな感じではなかったらしい。
悲しいことだ。

昨日はサウンドチェックは上手くいかなかったものの仕方のない事情があり、しかもお客さんはちゃんと聴いてくれる姿勢だった。
一昨日はお客さんはいなかったが、音作りは万全だった。
全力は尽くした。

しかし、今日のは納得いかなかった。
「適当」
この言葉を贈ろう。
悔しいことしきり。

次のミュージシャンがやってるときも大騒ぎだったなぁ・・・・
まぁ、そういうお店なのだろう。
まぁ、お客さんには罪はない。

・・・でもちょっとやり過ぎ・・・
・・・マナーってなにかね?・・・

その後、見に来てくれたチングたちと飲みに行った。
半ばヤケ酒だー!!

・・・のつもりだったのだが、非常に楽しい夜になった!!

左から テフンくん、ヒョンソンくん、Duck、俺、ジョンモくん。
みんな日本語を習っていてテフンくん、ヒョンソンくんは非常に堪能。
彼らが通訳してくれるので、今まで英語では上手く伝えられてなかったいろんな事をDuckに伝えられた!



まー今日もトータルでは勝ち・・・かな??

(6月ソウル)ツアー4日目。ヨロカジロ(いろいろと)。<その弐>

雨の中、語学学校へプロモーションに。

雨と歩き疲れと空腹で時間のない中、少し軽く飯を喰おうということになる。
正直、あの状態ではとても歌えると思えなかった。

ふと目に入った「タコス」屋へ。

ひとつ2500KRW。
安っ
ソフトドリンクもサービス!
すっげー韓国!!!!

・・・と思ったのもつかの間・・・・

一口食べる。

辛っ
臭っ
まっずっ


こりゃー強烈だぁ
えづいてしまいそう・・・・

いやぁーナオキまいっちんぐ(古っ)

なんか目が覚めた!
サー頑張るぞ!

ってことで学校へ。
まずは受付へ。
コレだ!

・・・・・

って写真をアップしたいのだけど、バタバタしすぎて残念ながら完全なる文字情報のみ。

受付のおねぇさんはさすがに日本語が堪能。
ミュージシャンが来るのは珍しいらしく(当たり前か)なんかキラキラとした目でお迎えされる。

あっ、やたらデカい男がギターを持って現れたから単に珍しかったからかも(笑)

まーそれはそうと、受付でなにやら手続き後、いざ教室へ。

10ほどならんだガラス張りのブースの中にはそれぞれ4人ずつぐらいの日本人と韓国人が。
異文化交流の日らしい。

「さぁ、お好きなところへ!」
と受付のおねぇさん。

・・・・さぁ・・・・って!?

「なぁ、俺この10個の教室回って全部屋で歌うんか?」
DUCKに聞く。

「時間的に10は無理だろうから、4つぐらいいっとこか!」

かくしてギターを持った大男はガラス張りのブースの外をうろうろとし始めた。

覚悟を決めて、

「アニョハセヨ~!!」
気の向いた部屋に飛び込んだ。









みんないろんな夢を持って言葉を学んでるんだろーなー

目がキラキラしてた。

韓国語をメチャクチャ理解してる日本人、日本語をメチャクチャ理解してる韓国人、まだまだ習い始めの初心者の方々。

いろいろな生徒さんの前で、これまでのナオキの韓国での”あらすじ”なんかをひとしきり話し、歌う。

俺も頑張るから、キミたちも頑張れよー!!
いつしかプロモーションというより、そんな気分になっていた。

暖かく迎えてくれた生徒さん達本当にありがとうね!!

「ナオキ、そろそろ行かなくては!!」
とマネージャーDUCK。

さぁ夜も歌いに行くのだ!!

つづく

(6月ソウル)ツアー4日目。ヨロカジロ(いろいろと)。<その壱>

6月25日ソウル4日目。

今日は土砂降り。
午後2時ごろ起床。
さすがに疲れてきたか。

いやいや、まだまだぁ~

風呂に熱い湯をため入る。
目覚めよ!俺の交感神経!!!!
たぎる血よ、湧きあがるのだ~

入浴後、軽く発声。
さすがに安ホテルなので大声は出せないが、タオルで口を押さえつつ声を温める。

今日の予定は・・・
ライブハウス挨拶めぐり

語学学校でのプロモーション

ホンデのSally’s Guitar Clubにてライブ

なかなかやで。

ホンデでDUCKと待ち合わせ。
まずはライブハウス巡りだ。
事前に俺のことは一応話しているらしいので、この機会に実際に顔を出して挨拶したライブ出来るように交渉しに行くのだ!

まずはソウルの音楽界でエライ力を持っている・・・・らしい某ライブハウスへ。
到着すると、中では何やら講演会の真っ最中。
入口でDUCKが交渉するも何やら雲行きが怪しい。

結果、・・・・門前払いとはこのことをゆーのだろうか・・・という感じ。
次!次!と言いながら二人とぼとぼと雨の中を歩く。

不幸中の幸いとでも言うのだろうか?
この瞬間に初めて、DUCKと ”同志” な感覚を持った。
会話しなくても気持ちは一緒。
さきほどの出来事には少々ブルーになりながらもなんかこーゆーのも悪くない。
少し心が温くなる。

そして次のライブハウス「パダビ」へ。
入った瞬間、

「あっ、ここ良い!」

そんな感覚があった。

熱意がつたわるのだろうか。
俺がそう感じたところでは、いずれ必ず演奏することに”今のところ”なっている。

暖かそうな店のオーナー。
とんとん拍子に話は進む・・・いや、進んでいるよーだ(笑)。
そもそもちゃんと音源、ビデオなどをチェックしてくれていたみたい。

オーナーが立ち上がり、カウンター横のパソコンへ。

じゃぁ、いつやろっか

おーいぇー

8月末にライブすることが決まっちゃいました!
その様子もいずれブログでアップしますですばい!!

「ヨロカジロ チャルプッタ カムニダ!!」
(いろいろと よろしくお願いいたします)

そう言って店を出る。
二人で小さくガッツポーズ。

この瞬間がたまらない。

その後、わりーと歩いてもう一軒のライブハウスへ。
ココはまー可もなく不可もなくって感じの印象。
出演してる方は結構凄い人たちのようだ。
リハーサルしてる人が滅茶苦茶上手かった!

後日連絡をくれるとのことで、ライブハウスを後に。

結果は一勝一敗一引き分け(勝敗未定!?)。

つーわけで雨の中、二人は語学学校へ情熱プロモーションに向かうのであった・・・・

(6月ソウル)ツアー3日目。FREE BIRD。<その参>

あー、肉うまかった!!
さすがに今日はそろそろ帰るか!ってことで皆で駅へ移動。

の途中。

なんか通りで酔っ払いが騒いでる。

おっ、酔っ払いの中心には白人が!
ギター弾いて歌おうとしている!

ん?
でもエライこの人も酔っ払ってるやん(笑)

と思いながらいつしか集団に近づくナオキ。

するとDUCKが 「You wanna sing?」
俺のたくらみが分かったらしい。
ニヤリと笑う。

DUCK、酔っ払いに近づき何やら話す。
すると酔っ払いが騒ぎだす。

「He is MUSICIAN~!!!!!」

韓国語で 「歌ってくれるのか? ねぇ、歌ってくれるのか??」

て感じで騒ぎまくっている。

よっしゃー

って感じで輪の中へ。

ギターを借りて歌う。
イスが低くて、マイクスタンドもエライひくいけど ケンチャナヨ(大丈夫)!

リビドー 熱唱。

めちゃくちゃ人だかりができた!!!!!

コレだよコレ。
ツアーの醍醐味!!!

たぶんFREE BIRD でやった演奏より良かったかも(苦笑)。

その時の写真はDUCKがとってくれてるので後ほどアップします。

っつーか、そのギターとマイクの本当の持ち主がその後あらわれた。
めちゃくちゃ大人しそうな若者。
酔っ払いにギターを奪われていたのだろーか?
それとも混乱を避け、少し離れて眺めていたのだろうか?

タイミングをハズしてしまい、結局お礼を言うことは出来なかった。
この場を借りてお礼をば。
「本当にありがとう。」

その後俺は、やったった感満載で駅へ向かい皆と挨拶して解散。

・・・したハズが、小腹がすいたので独りホンデをうろつく。

でも、どこで何が食べられるか分からず途方に暮れる。
雨もパラつく。
あぁ、なんかSKYSCAPEみたいな曲ができそーだ。

と思っていると、「ナオキー!」

見るとDUCK。

友人の店に寄っていたらしい。

結局また飲みに行くことに(笑)。

「韓国的なものが食べたい!」

俺が言うと「よっしゃ」と連れて行ってくれたのが”タットリタン”のお店。
鶏肉を入れたチゲなべ。
辛い!! けどめちゃくちゃ美味い!!!



その後、盛り上がり6時。
結局電車で帰れてしまった。

この日、ホンデの屋台のおばちゃんと再会して写真までとったのだが、その写真が・・・・どこにもない・・・・

おばちゃん、めっちゃエエ笑顔やったんに・・・(泣)

(6月ソウル)ツアー3日目。FREE BIRD。<その弐>

雨の中FREE BIRDへ。
マジもーどしゃぶり。
たまらん。

9時50分到着。
演奏が10時過ぎと聴いていた。

のだが・・・

掃除まっただ中。
イスやら片づけて必死で掃除中。

俺が演奏するのは後のイベントのオープニング。
またお客さんゼロなのか!?
わざわざ韓国まで来て
またお客さんゼロなのか!?

とりあえず上の階の控室に通される。
少し待っててくれとのこと。

結構な不安が頭をよぎりまくる。

20分ほどたってDUCKから呼び出し。
そろそろ始まるらしい。

お客さんいるのかー??

って思ったら一応20人ほどは居るよーだ。
ほっ。

やっとサウンドチェック・・・かと思いきや
「時間が押してるからすぐ始めて欲しい」
とのこと。

・・・・・

しかも
「押してるから30分を15分ぐらいで」

・・・・

DUCKは怒りながら、「あー言ってるけど、25分ぐらいやったれ!」
俺「わかった」
温厚なナオキもさすがに軽くアタマにきた。
んで・・・

結局30分やった。
あははは

ラストの一曲始める前に、DUCKが「そろそろ・・・」ってわざわざ言いに来たのにはウケた。

自由人ナメんなよ(爆)

ライブ後、アンケート配って回収。
かなりたくさんのお客さんが記入してくれた。
嬉しいね。

やはりエンレンが人気のようだ。
カバーでやったBILLY JEANも結構人気だったね。

たくさんのお客さんが、「パワーをもらった」とか「情熱を感じた」とか書いてくださってるのには驚いた。

日本と書いてあること一緒やん。

国は変われど人間の感情て変わらんのやね。
言葉は分からないのにね。
嬉しいことだ。

しかしまぁなんだかんだありながらも、FREE BIRD さんには最初の韓国ツアーからずっとお世話になってます。
今回もどうもありがとうございました!!



ライブ後、来て下さったお客さんとホルモン食べる。
今日も肉です。
大好きです。

お客さんは日本にワーキングホリデーで来てたみたいで、日本語がとても上手。
久々に日本語を話す。
ハングルと英語と日本語がぐちゃぐちゃ。
おもろい飲み会だ。

(6月ソウル)ツアー3日目。FREE BIRD。<その壱>

ソルロンタン堪能後、いったんホテルへ。

しかし食後にカフェで買ったコーヒー、薄かったなぁ・・・。
毎回、「次回こそはインスタントコーヒーを持ってくる!!」と思いつつ今回も忘れてきた。
こっちのコンビニにはあまり口に合うコーヒーがない。
中毒気味に、めちゃくちゃコーヒーを飲む俺としてはかなりツライ。

その後小雨の中、ホンデへ向かう。

地下鉄にももう慣れた。
3月には右も左もまったく分からなかったのにね。
4月には決まったライブの予定が一個しかなかったのにね。

今回は毎日ライブ。
割とタイトなスケジュールだ。
小さな喜び。プライスレス。
ステップアップってなかなかいいもんだ。

ホンデでDUCKと合流。
今日は彼のスタジオでウォームアップする。
いつものようにカラオケでも探して声出すかーとか思っていたところ、うちのスタジオくればいーやん、ってことになったのだ。
韓国のカラオケは日本より値段がエラく高いからやめとけって。

「彼のスタジオ」・・・なんかすげーやろ。
韓国にももちろん、日本と同様に”時間貸し”のスタジオもあるのだけど、自分たちのバンド専用に部屋を借りる場合も多いらしい。

つーわけで、ホンデからタクシーに乗る。

・・・って、タ・タクシー!?
ちょっとヒく。

でも良く考えたら、まーええか、となる。
韓国のタクシーはとっても安いためタクシーに乗って移動することが多いのだ。
この感覚の違いにはさすがにまだ慣れない。

スタジオ到着。









すっげー立派なスタジオだ。
雨に打たれて若干不気味なたたずまいの建物だが、地下室ってのもなかなか渋い。
ただ、ココがどこなのかはよく分からない(笑)

DUCKは近くで予定があるらしい。
さぁ、声だすべ!!

(6月ソウル)雨ミダ。

ソウルに着いて以来ずっと雨。
今日はやっと小雨になったけど、土砂降り続き。
野外は完全になくなったー

今日は時間が出来たので辺りを少しぶらついてみた。



ソルロンタン・・・好きだなぁ~



帰りに見つけた妙な看板。



「野人」って。
コーヒーショップなんだと。
腕毛の濃いい店員がいるのだろうか。

さぁ今夜はFREE BIRDだ!!

(6月ソウル)ツアー2日目。JESS。

23日。毎日雨だ

韓国ツアー二日目、ホンデ CLUB JESS での演奏だ。
今回のツアー一発目のライブ。

気合い入れてリハーサル。
うん、嫌いじゃないこの箱。
音もなかなかいいじゃないか!

やったるでー・・・と勢いづく。



作戦などを練る・・・フリの図。

が・・・・

8時から演奏の予定が、まったくお客さんがこないもんで始まらず
9時半になってもはじまらず
いつまでたってもはじまらず・・・

他のバンドは家に帰りだす始末。
さすが自由の国だね、韓国(笑)

実はライブ後別の会でも歌う予定になっていた。
ソウルで会社をやっている田中君から日本人の会があることを聞いていたのだ。
ライブ後に参加できるかもって伝えていたので状況を連絡してみたところ、宴もたけなわ もう終わりそうって話。

会場がさほど離れてなかったし、抜けていくべきかと悩んだ。
だって、そりゃあんまりにも失礼やん?JESSさんに対して。

うーんどうすべきか・・・
悩んで、とりあえずオーナーに尋ねてみたらあっさりOK。

雨のそぼ降る中、いそいで日本人会へ。
15人集まっての送別会
サプライズゲストとしてギターを抱えて弾きながら登場してみた。

送別会だったので”希望な曲で”と田中君から頼まれ、光ヲサガシテを演奏したらアンコールをいただく。
アンコールのついでにアルコールもいただく。
ジンロ(韓国焼酎)を大きめのグラスでコンベ(乾杯)。
もちろん一気。
いっやー酒が飲める体質で良かった!

その後エンレン。
泣いてくださる方もいた。

ソウルで頑張っている日本人の方々に出会うとなんかパワーをもらえるね。



ひとしきりご挨拶などしたのち、再び雨の中JESSにもどる

相変わらず客いない。

しかたないからマネージャーとその友人2人(一人は雨が降ってなかったらストリートで一緒にやる予定だったギタリスト)の前でライブ。
まー本気のリハやね。

写真はフィンガースタイルのギタリスト、Joungくん。
めちゃくちゃ上手い。
せっかくやけん、一曲一緒にやったみた。







バリ本気。
そう、いつだって俺は本気さ。

マネージャーが二人に「どや」顔してたから良かったみたいだ。

その後焼き肉食べに行って、結構飲む。
5時ごろホテルへ。









そーいや今回、携帯をレンタルした。
初のスマートフォン。
海外で初スマートフォン。
めっちゃ使いにくい(笑)
ハングルと英語しか打てない。


Top