情熱のシンガーソングライター「加藤直樹」

熱い情熱がほとばしる、大型シンガーソングライター。圧倒的な迫力で迫るぞ。

(6月ソウル)ツアー5日目。韓国初ワンマン@A-zeet!!<其の四>

見に来てくれたマネージャーDuckの弟さん。
日本に留学していたらしく、日本語ペラペラ!
大阪大学に留学していたインテリさんです。



そして、Duck。
やったったでー!という感じで二人でパシャリ。
明日が遠方で仕事とのことで、なごり惜しくもここでお別れ。
ありがとう。
8月もよろしくな!!
本当に頼りになるマネージャーだ。
彼がいなければ今日のライブはありえなかった。



そして残ってくれたみんなと『男子会』。



左から、ヒョンソンくん、レオくん、俺、ジョンモくん、田中くん、テフンくん。
みんな日本語ならってたり、すでにペラペラだったり、日本人だったりで、なんか不思議な空間だった。
万国共通のアホ話で盛り上がったり、全く読めない韓国語で書かれたアンケートを訳してもらったり。
時間の経つのはあっちゅーまよ。ホンマ。

ありがとなー!!

みんなと別れた後、再びA-zeetへ。
Kimさんとは積もる話が山ほど残っている。



結局、明け方まで今日のライブのこと、次回のライブのこと、俺の身の上話!?など話は尽きなかった。



明け方、本場の「辛ラーメン」。
めちゃくちゃ美味かった~!!!!!!

本当にヨロカジロ(いろいろと)ありがとうございました!!!!!!!!!!!!

(6月ソウル)ツアー5日目。韓国初ワンマン@A-zeet!!<其の参>



誰やねん、このオッサン???

・・・と思ったアナタ!

コラ、コラ、コラ、コラ!

この方はソウルの人なら誰でも知ってる、コメディアン兼、俳優兼、タレント兼、小説家の「チャン・グーリー」さん。
日本で行ったら・・・ミヤネさんぐらいか?

・・・俺も知らんかったんやけど。

A-zeetのオーナーKimさんの親友だということで特別にMCとして来てくださったのだ!!

実際この方が出ていくと会場がどよめいていた。

冴えわたっている・・・であろう話術!!
そして、湧きおこる大爆笑!!!!

すっげえー、この人。
会場のお客さんたち、かなり驚いてたみたい。

つーわけで、まずはイくんの演奏。
高校生とは思えない素晴らしい演奏!!

結構緊張していたみたいだったけど、すげーテクニックで会場を盛り上げてくれた!

繊細な音色、正確なリズム。

ハードル上がるやんけ、ワ~レ~

そんな気分になった。

映像はまた後日。

さーいよいよ本番だ。

お客さんは30人ぐらいか?

よーも、こんなわけのわからん日本人のために、こんなに集まってくれたよなぁ。。。。。
Kimさん、Duck、本当にありがとう。

ちょっとジーンとなるも、そんなことゆーてる場合ではない。
本番なのだ。
演奏で恩返しするのだ!

セットリストはこんなん。

1.手錠
2.FREE
3.JUVENILE
4.オジャパメン
5.エンレン
6.リビドー
7.鈴木くん
8.名前
9.NON-STOP!
アンコール
10.SKYSCAPE

一曲目手錠では喉の様子を見ながらおそるおそる・・・

とかやるかーボケー!!

最初から全力じゃ!
フルスロットル。

そもそも綺麗に歌い上げるつもりなどないのだ!

言葉もつたわらないんだから、言葉を超えて記憶に残る演奏をするしかないのだ!

とはいうもののヤハリ状態はイマイチ。
だが、次第にあったまってきた。

2曲歌い終えて、MC。

ワジュショソ、カムサハンニダ!(来てくれてありがとう!)
<ショソが言いにくい・・・>

オヌル、チュルギゴ ジュセヨ!(今日は楽しんでってね!)
<チュルギゴが言いにくい・・・>

ただ、おっ
上手く伝わってるよーだ。

ちょこちょことMCを挟みつつ、ステージは進む。

オジャパメンはやはりみんな知ってる有名な曲みたいだ。
よろこんでくれてた。



エンレンからは立ち上がって歌った。
その方が、・・・なんか大きく、そして伝わるように歌える気がしたから。

リビドー、鈴木くんでは手拍子も起こる。
嬉しいよね。こりゃ。



「名前」のストーリーは少し英語で説明。
みんな英語を全部分かってくれてるようだ。

ここらへん、凄いよな~って思う。
上手に話せる話せないはともかく、韓国の人たちの英語の理解率はかなり高い。
もちろん分からない人も多いんだけど、この日集まって来てくれてた方々は得意な人が多いみたいだった。

そしてラストNON-STOP!
「いいじゃん!」の部分を、「ケンチャッナ!(大丈夫!)」に変えてみた。
韓国ver. だ。

いやいや、みんなゆーてくれてるやん!!!

ナオキ、はっぴぃぃぃぃぃぃ~!!!!!!!!!!

最高の 出た。

そしてアンコール。
この曲しかないという曲をやった。

「SKYSCAPE」

― つながっている ―

”遠く離れていても、つながっている”

ただ単にそんなつもりで書いた言葉。

それが今までとはまた違った意味を持って新たに動き始めたな・・・そんな気がした。

音楽を通せば、国も歴史も言葉も超えてつながることが出来る。

照れくさいけど、本当にそう感じたのだから仕方がない。
心のどっか、深ーいところがあたたかくなった。

予断だが、MCの時ハングルを話すと会場がシーンとなってよく不安になってしまうことがあった。

通じてない??
なんかまずいこと言った??

そんな風に思って不安になったんだけど、原因が分かった。

全部通じていたのだ。

ただ
「来てくれてありがとう!!」
とか
「今日は楽しんでいってね!」
とかで俺の話が終わるから、次を聞こうとして待ってただけだったよーなのである。

日本語でなら、「・・・というわけでナンタラカンタラ」とか話を始められるんだけど、そんなのハングルではリームー。
到底無理。

だから シーン。
そりゃそーだ。

しかも慣れた言葉だけ やたら流暢だから、慣れてない文章がめちゃくちゃ違和感があるらしい。

「みんな楽しんでいってなー!よろしく!」
ってスラスラしゃべったあと、
「ワタシハ ツギの? コノキョキョクに?ヲ? ウタイマス ト オモイマス デス」

になるのだ。

途中、

英語でいいよー

って声をかけてくれたり・・・
あったかいのぉ~

ソウル、サランヘヨ~

こうしてソウルでの、いや海外での初のワンマンライブが終わった。

(6月ソウル)ツアー5日目。韓国初ワンマン@A-zeet!!<其の弐>

「あのー、腹が減りましてですね・・・・」

無遠慮にも、あまりの空腹にオーナーKimさんに言ってしまった。
ここはclub「A-zeet」のカウンター。
ライブの準備が着々と進んでいる。

なんでこんなに腹が減ってしまっていたのかと言うと、とにかく荷物が多かったからだ。
ギター、機材、CD。
重い上に、会場にたどり着けるかについても若干の不安を抱えていたので、何も食べずまっすぐ会場へやってきたのだ。

ちょろっとどっかで腹ごしらえを・・・とも思ったが、ちょろっと入れるほど「どの店が何を売っているお店なのか」が分からなかった。
失敗する確率高し。

大切なライブの前に”失敗した食事”で腹を満たすのは、俺は本当に嫌なのだ!!
それがどれほど嫌かと言うと・・・いや、あえて言うまい。

で、このセリフ。

「あのー、腹が減りましてですね・・・。」

「何が食べたい?」
忙しいにもかかわらずKimさんはこころよく、俺にメニューを差し出してくれた。

エビ入りチャーハンを頼んだ。
エビ入りポックンパプ だ。

あまりにも腹が減っていたため写真を撮るのも忘れむさぼり喰ってしまった。

美味いよ!
美味いよ、Kimさん!

ピリ辛な感じの焼き飯だ。
エビもプリっプリ。

あぁ、今日はいいライブが出来そうだ。
うん、そんな気がする。

すっかりお腹も満たされたとこで、いよいよリハーサル。

Kimさんはギターの音をしっかり作ってくれる。
丁寧に丁寧に。
この”ありがたみ”ですよ。

そもそも ありがたい とは 有り難い と書く。
”有る” のが ”難しい”。 
当たり前のことではないのだ。

昨夜の出来事を思い出すと本当に身にしみる丁寧なリハーサルだった。

ただ・・・声の調子は微妙。。。

なるたけ深く、深く声を出すように意識しながら、ボーカルの感じを確かめた。

その後、今日オープニングアクトをやってくれる高校生のイくんがリハーサル。

彼はまだ高校三年生。
ソウルのフィンガースタイルのギタリストの大会で優勝した子なんだって!
押尾コータローさんバリのテクニックです。



身長は俺とほとんど変わらないくらいデカいのに、頭がめちゃくちゃ小さい!!
俺は敢えて少し距離感を持って写真に写る。

ふーあぶない、あぶない(笑)

リハーサルも終わりいよいよOPEN!

声出ろよーーーー!!!!!!

(6月ソウル)ツアー5日目。韓国初ワンマン@A-zeet!!<其の壱>

前日の飲み会後、若人たちは更にカラオケへ。
さすがに無理なので、Duckと二人バーへ。
作戦会議なのだ。

そしたらまたまた電車で帰れる時間に。。。

タクシー、タクシー、電車、電車。

だんだん飲む時間が伸びてる(笑)
これも成長と呼ぶべきなのか?

日本ではそもそも打ち上げほとんどしない。
こないだとあるライブの後、打ち上げに参加する!って言ったらめちゃくちゃ驚かれたほど。
意外でしょーが!!

ましてやライブ前日にこんなに飲むことないなぁ・・・・ふと思う。
コレも韓国効果かな。

そもそも今回の目的は
・ライブをすること
・韓国ライフを知る
・友人を作る

したがって、なんら間違っていないのであーる。
正しきことをしているだけなのであーる。

しかしながら・・・ちとやり過ぎたか!?

若干の睡眠とり昼過ぎ起床。
一声発してみると声ガラガラ。

ヤッベー!!

やっちまった。
今日一番大事な日なのにぃ~

などと思いながら、とりあえず風呂へ。

湯につかり、あーあーと軽く声を温める。

うーん、やはりガラガラ。

本番はなんとかなるだろう・・・いたって楽観的。
コレも韓国効果。

のーんびりと弦を張り替えたりしているとあっという間に出かける時間だ。
今日は少し晴れている。
うん、さすが晴れ男。
キメル時にはキメます。

今日の会場「A-zeet」は新沙(シンサ)にある。
シンサはとってもおしゃれな場所。
銀座のぜいたくさと、代官山のオシャレさを足した感じだ。

こんな並木道があったり



こんなオープンカフェがあったり





そんな通りを一本入ったとこにあるのがA-zeet。
このビルの2階。



入口には今日のワンマンのポスターが!!
マネージャーのDuck が作ってくれたやつだ!!

気合い入ってきますミダ。



さぁ、そろそろリハーサルなのだ。
声は出るのか!?

優秀楽曲に選ばれた話。

先日ご報告申し上げたのですが、「手錠」が j-wave の番組で優秀楽曲に選ばれました。
残念ながら最優秀楽曲は逃してしまいましたが。

皆さまからは、本当にたくさんのお祝いのメールをいただきまして・・・
こーゆーのは本当に嬉しいものです。

本人はなんとなく実感がなかったもんで

しかし、よー考えてみるとですな、

ライブとか
パフォーマンスとか
汗とか
情熱とか
笑いとか

そーいったものを除いた「楽曲」単品で 公に誉めていただくのは初めてのこと。

あとからじーんわりと嬉しくなってまいりました。

あはははは~

ずっと応援して下さっている皆様、本当にありがとうございます。
まだまだ進化していきます。
是非今後とも引き続き応援よろしくお願いいたします。

(6月ソウル)ツアー3日目ストリートライブの写真ミダ

ソウルのマネージャーDUCKから写真が届いたのでUPしました!
ストリートライブの雰囲気はこんな感じ。







この後嬉しい写真攻めにあいました(^o^;)

ソウルツアーのレポートは弾き続きバックデートにてさかのぼってアップしていきまーす。
お楽しみにん!!

「手錠」優秀楽曲に選ばれる!

今日はうれしいお知らせを。

J‐WAVE (FM81.3、関東)でオンエア中の番組「SPIDER X SOUNDS」 (月から金 22:00~23:30)という番組があります。
その番組内での楽曲オンエアオーディションで「手錠」が今回優秀作品に選ばれました!
オンエアーは本日7月7日の23:30あたりらしいです。

インターネット(USTREAM)でも放送されるらしいので是非チェックしてくださいね!!
URLは http://www.j-wave.co.jp/original/helloworld/ です。

ぜひぜひ聴いてくださいまし!!!!
ご感想おまちしております~!!!





Live Broadcast by Ustream

なんだこの豪雨

110706_1518~01.jpg

たいがいヒドい豪雨だ
高速走ると滑る滑る;;


Top