情熱のシンガーソングライター「加藤直樹」

熱い情熱がほとばしる、大型シンガーソングライター。圧倒的な迫力で迫るぞ。

ライブ後。



お腹が減ったのです

クリスマスライブ3days初日のライブ後。

打ち上げ後、早々にホテルに送り届けられた。
てか、連行された(笑)。
今後ライブが続くため (ほっとくと調子に乗って滅茶苦茶飲んで体調を崩しそうな俺を) マネージャーDUKが気づかってくれたのだ。

しかしながら、飲み会で話すのに忙しくそんなに食べられなかった俺は腹が減って、腹が減って・・・。

つーわけで、深夜のダンサンを徘徊~。

店はちらほらあるのだけれど、なんのお店かよく分からん。
気になるお店の前で立ち止まりハングルをゆーーーくり読む。

「へぇーーじゃーーんーーくーーーーく」

おっ、ヘジャンククじゃん!

ヘジャンククってのはお酒で疲れた胃を回復させるために飲むスープ。
カムジャタンと良く似てる・・・てか同じなのか!?

まーとりあえず店に入り、奥に案内される。
深夜に一人あらわれた、挙動不審かつ、外人の大男に店内に不穏な空気が漂う・・・・(笑)

メニューを読んでみるがなんだかよー分からん。
ヘジャンククが何種類かあるのだ。

お店のおやじさんに英語で尋ねるが、まーったくつーじない。
ゆーっくり尋ねてみるが、まーったくつーじない。

うむ・・・困った。

途方にくれて辺りを見回すと、後ろの席でサラリーマン集団がヘジャンククを食べている。
売られていく子牛のような目で見つめていると、見かねて説明をしてくれた。
なんだ、英語しゃべれんじゃん。

しかし、

「コレには何が入ってるんですか?」

との問いには一向に答えてくれず、代わりに

「コレが一番美味い。コレをあなたは頼むべきだ。」

とだけ言う。

「コレは美味い。よって俺は食べている。それなのに・・・お前は食べないのか!?」

的なニュアンスすら感じる。

よっしゃ、そんじゃ良く分からんがそれでいーや。ってことで注文。
てか、おっさんが既に注文ずみ(笑)。

料理が来るまでの間、おっさんから焼酎をふるまわれる。
「何しに来た?」
「歌いに来た」
「お前、歌手か!」

・・・大騒ぎ。

写真をいっぱいとられる。

騒ぎが収まったころ運ばれてきたのは
「ソンジ ヘジャンクク」

なんかの煮こごりが入っている。
んー!?レバーみたいだな。

もっかい聞いてみる。
「それは牛の血だ。」

なるほど。身体にはよさそうだ。。。
おもてたのとは違うけど・・・・

帰宅するらしく、おっさんたち立ち上がる。

「あなたのお勘定を支払わせていただけませんか?」

かっちょいー!!
うーん、見知らぬ人におごられる美女な気分・・・っつーのは冗談。

言葉も分からんのに、一人やってきた外人シンガーを応援してくれる暖かな気持ち。
それが牛の煮こごりとともにカラダに染みわたった。

口々に、がんばってーー!!
と言いながら、おっさんたちは去って行った。
カムサハムニダー

極寒の韓国で働き盛りのおっさんたちのぬくもりに触れた夜だった。

2012年1月の情熱注意報!!!

◎20日(金) 天神プレアデス
場所:天神プレアデス
OPEN18:30 START19:00、出演時間 20時半ごろ
TICKET ¥1500(要1オーダー)

本番その弐@Auteur




12月22日 クリスマスライブ3蓮ちゃん初日。
とにかく激寒。
昼間っから氷点下。

ホテルまでマネージャーDUKが車で迎えに来てくれた。
本当にいつもお世話になってます。
いやはやアタマ上がりません。

会場はホンデのAuteur(オトエル)。
ここ、実は3月の道場破りツアーのとき断られたとこ(笑)。
雰囲気がかなり気に入ってたんだけど、断られた。
「アンデヨー」って。

それが・・・・
それが・・・・
やっと出来るようになったのだ!

日本の居酒屋の地下1階。
割とオシャレなライブクラブだ。
今日はオープニングアクト1組、対バンが1組、そしてメインがナオキバンド。
ありがたや。
3月を思うと出世したもんだ。

リハーサルの音は割と早めに決まった。
でも・・・これ韓国でライブすると(バンドだと)まったく自分の声とギターが聴こえない。
この日は一応モニターがあったんだけど、とにかくちっちぇ~。
まー慣れてはきたけどさ。

外音(お客さんに聞こえる音)は凄く良い感じだったのでOK!
出番前にメンバーみんなで腹ごしらえだ。

こっちではライブ前でもみんなかなり本気で食事をする。
今日は「キムチチゲ」

これめちゃくちゃ美味い。

赤いスープで煮込まれたでっかい豚肉をハサミでぶつ切り。
ご飯に載せて豪快にいただく。
今、コレを書いていても思い出してヨダレが出てくるほど。
俺の中で間違いなく、韓国メシトップ3に入る。

腹ごしらえを終え、ベースのジョンスとコーヒーショップへ。
MCで話す韓国語のレッスンだ。

「タットゥルタン」(温かい)

コレがどーしても発音出来ない。
こんな舌の使い方使い方したことないーっつー感じの舌使いなのね、コレ。

今回のライブではMCであまり英語を使いたくなくてさ。
ジョンス先生に直前レクチャーしてもらったわけです。
本番でも頑張って韓国語しゃべりましたー。
上手く発音できなかったが故、余計に受けた感もあるが・・・^^;
とりあえず、言いたいことは伝わっていたよーよ。

まぁなんだかんだあってライブー
アンコールもいただいて弾き語り。

ライブ後は、深夜まで盛り上がりました。
タッカンマリ、辛かったーーーーー


1.JUVENILE
2.Truth
3.The night of Miracle
4.Sky
5.I believe(cover)
6.Skyscape
7.Suzuki-Gun
8.Libido
9.이름
10.FREE

-ENCORE-
원거리연애(SOLO)

本番その壱@Badabi



12月18日(日)

ホンデBadabiでライブ。

さみーさみー

昼間なのに-2°c。

ホテルを出て、タクシーで会場へ。
いろいろと準備をしてたらギリギリになっちまった。

タクシーの中で、運転手さんとしゃべる。
日本語も少し話せたりしてとても気の良いおじさんだ。

途中でおじさん、

「あ、メーター押し忘れた!」

あははは。

二人で爆笑。

「10000ウォンでいいね。」
と運転手さん。

「あー、いいよ。」
、と俺。

それからさらに話は盛り上がり、会場着。

「はいどーぞ10000ウォン。ありがとうございました。がんばってね。」
とタクシーを降りてから

・・・・気がついた
・・・・気がつかなければよかったのだ
・・・・気づいてしまったのだ


宿からここまでたしか普通4000ウォン

がーん


おっさん、ボッたくりやがった。。。。


しかしながら、日本円に直すと320円ぐらいのところを800円。

うーん、まーええか。

いや、でも腹たつ。
楽しげにボッたくられたのが腹立つ。
自分のめでたさに腹が立つのです。

あーあ、いっそのこと気づかなければよかったなぁ。

・・・
・・・

つーわけで、Badabiライブ。
本日は「Blues Night」というイベント。
まー出演者が全員BLUESやってるとも思えんかったけどさ(笑)
俺も全然違うし。

韓国ナオキバンド・ネオ、門出です。
今回はイベントのオープニングアクトってことで、短めに。
・・・やるはずだったが、なんか盛り上がったんで割とやってしまった。

このメンバーでの演奏は初めてだったこともあり、まだまだ課題は山積み。
リハ一回しかやってなかったしね。
そー考えると、それなりにヨカスタートを切れたのではなかろーか。

ともあれ、ライブ後の打ち上げは満点だったね(笑)

前回のツアーでお見舞いにいった、オーナーも元気に復活してらっしゃいました!!
嬉しい限りなのだ!

2012謹賀新年!!



明けましておめでとうございます!
いよいよ2012年ですな。

マヤ文明が残した長期暦は、2012年のクリスマスあたりで終わって(人類が滅亡するといわれてる)おりますが、そんなこたぁー関係ございません。

精一杯やれることを一歩一歩。
さすれば・・・おのずと目標にだってたどりつけるはず。

今年も皆様にとって素敵な年になりますよーに!!

俺も・・・・やったんでぇ~!!!!!
応援よろしくお願いいたします!!!!



Top